HOME > 研究成果

会員の研究成果は、機関誌「体育授業研究」に掲載されています。現在、全22巻(R元.6現在)になります。

第1巻(1998) 

「体育授業研究」発刊に当たって                        
シンポジウム報告   私の考えるよい授業                   
林恒明  「勢いのある授業」を求めて                    
藤井喜一 「よい体育の授業をどう考えるか」                 
小谷川元一 私の考える「良い授業」                     

論文・実践報告                                
足立靖志                                  
 子どものよさの受けとめ方についての基礎的研究 
兒玉秀人・宮内孝・岩田靖
 状況判断能力に着目したボール運動の指導 
 -バスケットボールの「課題ゲーム」づくりに関する事例的研究-       
小山幸彦・谷津知之
 発達段階に応じたバスケットボール型の教材作づくりとセストボールの実践   
近藤智靖
 身体の経験を視点に据えた授業-目を閉じて歩いてみる-           
長妻美孝・細越淳二
 ボール運動の教材づくりに関する検討
 -サッカーの課題ゲームづくりを通して-                  

体育授業研究会会則                             
体育授業研究会発足にあたって                        
体育授業研究会1997年度役員                         
体育授業研究会入会手続きについて                      
1998年度宮崎大会の御案内                          

第2巻(1999)

論文・実践報告
井谷恵子
 アメリカにおける新しいフィットネス教育プログラム
 -「フィットネス フォア ライフ」の理念と内容-               
伊與田賢
 投能力の向上をめざした教材・教具・指導ことばの開発とその有効性の検討     
内田雄三・日野克博・吉永武史
 戦術学習への意欲を高めるボールゲームの実践
 -「作戦づくりのおもしろさ」を味わわせることをねらいとして-         
木村彰伸
 先生が二人いるからこそ
 -対立をロールプレイするティーム・ティーチング-              
坂本祐征・岩田 靖
 小学校中学年のゲーム教材としてのセストボールの検討             
盛島 寛
 小学校6年生、陸上運動・短距離走の授業
 -カニ走りとミニハードルの有効性についての検討-              
山崎功一
小学校体育科におけるフラッグフットボールの事例的研究
 -戦術学習を中心として-                          

1998年度宮崎大会報                             
 講演会「教育課程の改訂-学習指導要領のゆくえ-」             
 模擬授業・授業分析検討会                         

読者の欄:体育授業研究会 第1巻 を読んで                  
研究活動紹介:宮崎県体育授業研究会「三水会」                 

体育授業研究会会則                             
会計報告・予算案                              
1999年度東京大会のご案内               

第3巻(2000)                               

論文・実践報告
大久保敬現
 ぼくらでスポーツをつくろう―4年生の『たわしホッケー』からの出発―     
岡田弘道
 みんなができて、みんなで創作できるなわとび
 ―強制・競争から共生・共創のなわとびを目指して―              
小川正一
個人の戦術行動に着目したゲームパフォーマンス評価法について
 ―中学校選択制授業サッカーにおいてグリフィンらのGPAIを活用して―     
木村彰伸
 「空間」を戦術学習の中核においたボール運動の系統              
北川 隆・染谷美那子・石井裕美
 倒立の指導法の開発とその有効性の検討                    
千葉 裕・細越淳二・辻岡辰子
 開脚跳びの習得をめざした授業づくりに関する研究
 ―低学年・跳び箱遊びの教材に着目して―                   
平野 真・林 恒明・浦井孝夫
 小学校体育授業における運動の楽しさに関する研究               
廣瀬勝弘・北川 隆・森 博文
 戦術における類似する戦術行動の比較―戦術名称からのアプローチ―       
深見英一郎・高橋健夫・岡出美則
 体育授業における教師のフィードバック研究の動向と課題
 ―教師のフィードバックが子どもの学習行動に対して肯定的に作用しない原因について―    
森 博文・北川 隆・廣瀬勝弘
 体育授業観察者の観察視点に関する事例的研究                 

1999年度東京大会報告                             
 シンポジウム「体育科カリキュラムづくりについて考える」           
 実技研修「体ほぐしの授業を考える」                     
授業実践発表しゃ録                            

体育授業研究会会則                            
会計報告・予算案                              
2000年度高知大会のご案内                          

第4巻(2001)

論文・実践報告
野崎武史
 超社会化論と体育科教育―盲学校運動会の事例から―              
北村博司
 ジョギングっておもしろいな                         
佐藤政臣
 基礎感覚・基礎技能づくりを取り入れたソフトバレーボールの実践        
鈴木 聡・内田雄三
 子どもとともにつくる戦術学習
 ―学習内容を戦術学習にすえたセストボールの実践報告―            
宮本隆信
 中学校体育授業における教師と生徒の意識についての検討
 ―目標と教科内容に関して―                         
大貫耕一
 小学校体育科カリキュラム試案・高学年編                   
宮内 孝・久徳理恵・鈴木 理
 友達とかかわりながら楽しむソフトバレーボールの実践             
山村聖子
 気づきを核に据えた体ほぐしの運動の事例研究                 

2000年度高知大会報告                            
 第4回体育授業研究会高知大会・研究部企画 「林実践に迫る」報告書      

体育授業研究会会則                             
2001年度千葉大会のご案内

第5巻(2002)

論文・実践報告
中村恭之・岩田 靖
 小学校における「体ほぐしの運動」の授業実践
 ―運動が得意な子どもについての事例的報告―                 
小林 寿・石川貴子・林 園子・長谷川悦示
 高等学校における仲間との交流を目的にした体育授業
 ―「チャレンジ運動」を取り入れた体つくり運動―               
稲田尚誠
 「仲間との関わり合い」を大切にした体ほぐし運動(チャレンジゲーム)の実践  
山村聖子
 人とのかかわりの経験を内容とした「体ほぐしの運動」             
鷲沼昭久
 「体ほぐし運動」教材としての「からだ気づき」実習の可能性
 ―気づきの拡がりと深まりをめざして―                    
清水 由・松本格之祐
 小学校中学年における集団演技の授業づくり
 ―3年生の「シンクロマット」の実践―                    
辻 雅雄
 集団で楽しむ跳び箱運動の教材づくりと授業実践
 ―絶えざる集団的達成の喜びを求めて―                    
甲斐周作・鈴木 理
 プールを使ったゴール型ゲーム教材の新たな開発                
原健一郎・中井隆司
 状況判断能力をたかめるバスケットボール型の授業づくりに関する研究
 ―特にoff the ball movementを重視した学習内容及び指導方法に基づいて―   
宮内 孝・河野典子・岩田 靖
 小学校中学校のベースボール型ゲームの実践
 ―ゲームの面白さへの参加を保障する教材づくりの論理を中心に―        
冨永泰寛
 基礎感覚・基礎技能作りを取り入れたフラッグフットボールの授業で運動の魅力を探る   
関 和久
 「走る」学習の教材づくりと授業実践                     
西下京子・北川隆・廣瀬勝弘
 体育におけるよい授業の条件を探る
 ―いわゆる「飛び込みの授業」について―                   

2001年度千葉大会報告
 第4回体育授業研究会高知大会・研究部企画
 「みんなで創る体ほぐしの運動・みんなで創るボール運動」報告書        
体育授業研究会会則                              
2002年度香川大会のご案内

第6巻(2003)

論文・実践報告
吉永武史・高橋健夫・岡出美則・鬼澤陽子
アメリカのボールゲーム指導にみる戦術学習モデルの検討             
網 和弘・秋田伊都子・中井隆司
 「攻防入り乱れ型」ボール運動の教材開発と授業づくり
 ―高学年用教材「フープトライゲーム」による授業実践―            
木村和泰・中井隆司
 小学校体育授業におけるボール運動領域の教材づくり・授業づくり
 ―「攻守入り乱れ型」ボール運動の系統的な学習内容・ゲーム教材開発の試み―  
荻原朋子・浦井孝夫
 中学校体育授業におけるバレーボール単元計画の検討
 ―運動の学び方に着目して―                          
梅垣明美・長町裕子・友添秀則
 スポーツ文化の創造能力を育てる体育授業                    
塩野 恵
 『心の健康』教育におけるカリキュラム開発
 ―『体づくり運動』親子編―                          
足立靖志
 体育科における教師行動のあり方
 ―指導者が「一輪車」に乗れなかった場合の実践を通して―            
有内 弘
 「かかわり」を生み出し深める体育学習を目指して
 ―共同・共創・共感の体育授業―                       
高橋和宏
 なかまとのかかわりを生み出す3年生「跳び箱遊び」の実践            
山崎功一・赤神 誠
 心の健康との関連を図り仲間との「かかわり」を中心とした体ほぐし運動のあり方を探る 

2002年度香川大会報告                            
第5回体育授業研究会香川大会・研究部企画
「『かかわり』を生み出し深める体育学習を目指して」報告書           
体育授業研究会会則                             
2003年度東京大会のご案内                          

第7巻(2004)

論文・実践報告
吉野 聡・本田亜矢子・三田部勇・宇畑直樹
 仲間との交流をねらいとした体ほぐしの運動の効果に関する研究
 ―器械運動、ボール運動単元における効果との事例分析的な比較を通して―    
宗倉 啓・酒井隆則・三上 肇・中島和也・石本茂樹・山本英夫・谷口倫章・番場亮一
 「投げる」動作の向上をはかる教具に関する研究                
中村恭之・岩田 靖
 小学校体育におけるバスケットボールの教材づくりと授業実践の検討       
清水 由
 誰でもできるリズムダンスの授業―かんたん!たのしい!かかわれる!授業実践  
斎藤為之
 コミュニケーション力の育成をめざした学習過程の工夫
 ―小学校6年生ソフトバレーボールの実践から―                
宮内 孝
 仲間と力を合わせてゲームを楽しみながら投能力を高める教材づく
 ―2年ボール投げゲーム「バトンスロー野球」の実践―             
鈴木 理
 ソフトボールのゲーム構造からみた教材づくり論                
石川智香子・鈴木 理
 「スポーツについて考える授業」の意義と可能性                
鈴木直樹
 小学校体育におけるバレーボール型ゲームの単元開発に関する基礎的検討
 ―遊びにおけるバレーボール型ゲームの自然発生に着目して―          
内田雄三・鈴木 聡・藤井喜一
 小学校中学年期におけるハンドボールの実践報告                
鈴木 聡・内田雄三・藤井喜一
 フライングディスクを使ったゲーム(アルティメット)の教材価値に関する実践教育 

2003年度東京大会報                            
 第6回体育授業研究会東京大会・研究部企画
 「90時間時代の体育の授業づくり」報告書                    
体育授業研究会会則                                 
2004年度熊本大会のご案内                            

第8巻(2005)

論文・実践報告
出井雄二
 投能力向上のための教材開発
 ―ボール運動を楽しむための最低限の技能保障―                 
深田直宏・大友 智・松本富子
 戦術学習におけるサポートと児童の体育授業に対する愛好的態度の関係の検討
 ―バスケットボールを対象として―                         
井上英記・清水 由・日向ちひろ・福ケ迫善彦・細越淳二
 小学校体育授業におけるハンドボール型ゲームの実践的検討
 ―「できる」「わかる」「楽しい」教材づくりと実践から―               
小松崎敏
 「体育授業場面の期間記録法」の集計結果を有効に活用する              
近藤智靖
 ドイツのスポーツ授業の実情について                        
鈴木 聡・内田雄三・藤井喜一
 自分・仲間、技能を伸ばすマット運動の実践報告                   
吉野 聡
 「プレイボール」単元におけるBGMとゲーム中の学習行動との関係
 ―活動的な音楽とゲーム中の歩数の分析を通して―                  

2004年度熊本大会報告
 「90時間時代の体育の授業づくり」報告書                     
体育授業研究会会則                                 
2005年度埼玉大会のご案内                            

第9巻(2006)

論文・実践報告
濱田雄太・長谷川悦示・小林 寿
 高校体育におけるアルティメット(フライングディスクゲーム)の教材価値に関する実践的検討 
野崎武司
 「体育の授業者」を育てる授業づくりの試み
 ―大学生の<からだ>を劈く―                               
内田雄三・吉永武史
 小学校低学年期・鬼遊びの教材化に関する検討
 ―小学校低学年期児童を対象とした戦術の学習可能性―                    
鈴木聡・藤井喜一
 シンクロマットキッズ2005!
 ―小学1年生の集団マットの実践報告―                          
中嶋倫代・山本貞美
 持久走の学習プログラムに関する研究
 ―「ぴったりグループ走」を中心に―                            
松井直樹
 児童一人一人が意欲的に取り組む体育教育のあり方
 ―集団的達成をめざしたリレーの授業づくりを通して―                    
前谷智仁
 子どもの言葉で創る体育学習の検討
 ―「ころころボール」による戦術学習を通して―                       
澤田一彦
 主体的に「生きる力」を育む体つくり運動の研究
 ―Gボールを活用した授業実践をとおして―                         
大貫耕一・河野聡美
 小学校低学年シュートボールの戦術学習                           
櫻井真佐美
 「感動」「歓声」「かけ声」のある授業を目指して
 ―走り幅跳びチャレンジカップ―                              
村田京一
 バスケットボールにおけるチーム編成に関する研究
 ―技能水準下位児におけるプレー頻度・歩数及び子どもによる形成的評価を手掛かりにして―   
吉松 浩
 スポーツ教育モデルによるフラッグフットボールの実践
 ―運動有能感の分析を通して―                               

2005年度埼玉大会報告
 第8回体育授業研究会埼玉大会・研究部企画
 「これからの体育科の真の役割―もう一度技能学習を考える」報告書              
体育授業研究会会則                                   
2006年度岩手大会の」ご案内  

第10巻(2007)

論文・実践報告
清水 由
 みんなができるようになる指導法「口伴奏」と新教材「肘支持後方回転」          
 ―鉄棒運動の実践報告―
有馬 賢
 楽しく走力を高める授業について
 ―小学校6年生のリレーで短距離走を改善する授業づくりを通して―             
長坂祐哉
 戦術学習におけるハンドボールの教材価値
 ―体育を苦手とする児童の変容に着目して―                        
鈴木雅孝
 有効空間からのシュート率を高めるバスケットボールの授業
 ―中学校1年生男子を対象としたポートバスケの実践を通して―               
生島 剛・小谷川元一・黒川正紀
 ウォーターセストボールを導入した水泳学習                        
松田光弘
 一人一人が意欲的に取り組むバレーボールの授業実践
 ―運動有能感の視点から―                                
松井直樹
 学級がひとつになる!フラッグフットボールの授業づくり
 ―よい体育授業と学級経営の実践から―                          
糸岡夕里・高橋健夫
 学習動機の低い児童における学習動機の変容過程                      
涌井孝夫
 運動(技)の習得・発生に関する運動観察調査記録個別表、運動観察調査記録整理表及び
 実践的研究論文構成についての検討                            
大貫耕一
 小学校低学年体育における教育内容の検討                         
鈴木聡
 授業研究を明日の授業づくりに生かす
 ―小学2年生の集団マット「シンクロマットキッズ・ファイナル」の実践を通して―      
細越淳二・吉永武史・福ケ迫善彦
 ボール運動(球技)領域における実践・研究の動向
 ―過去10年間の研究論文・単行本・雑誌を対象に―                    

2006年度岩手大会報告
 第9回体育授業研究会岩手大会・研究部企画
 「ボール運動・球技の授業の目指すもの―すべての子どもに保障するベースを考える」報告書  
体育授業研究会会員の動向 小谷川元一
 無償の愛につつまれて                                 
体育授業研究会会則        

第11巻(2008)

論文・実践報告
平井真・林恒明
 跳び箱運動における技能達成に向けての心理的変容                     
清水 由・松本格之祐・眞榮里耕太
 小学校の体育授業における教科書使用の有効性の検討
 ―ダルマ回り(かかえ込み回り)の単元を通して―                     
松井直樹
 私と彼女と学級の跳び箱運動
 ―よい体育授業と学級経営の実践から―                           
長坂祐哉
 子どもの声に着目した教材づくり
 ―鬼遊びからラグボールへ―                               
仲山正志・松浦靖典・北川隆
 ボール運動(小学校高学年)における「空きスペース意識づけ」を目指したタスクゲームの事例研究 
大貫耕一
 小学校低学年体育における教科内容の検討2                         

2007年度香川大会報告
 第11回体育授業研究会香川大会・研究委員会企画
 「『できる・わかる・かかわる』体育授業を問い直す」報告書                  

体育授業研究会会員の動向
松本格之祐
体育授業研究会と私                                     
中村恭之
 これまで、そしてここから…
体育授業研究会会則                                    

第12巻(2009)

論文・実践報告
西田 佳
 「役割分担について考える」
 -小学校6年生・フラッグフットボールの実践-               
松井直樹
 「学習のまとめを大切にした」器械・器具の授業づくり
 ―3つのシーズンで構成する3年生の授業実践より-                
長町裕子・伊藤美智子・梅垣明美
 「動きの足し算」からお話づくりへ
 ―表現運動における『習得』『探究』『活用』を意識した学習展開を考える―                     
長坂祐哉・小澤直子・鈴木聡・永野みゆき
 セストボールの発達段階(学年)による学習内容についての検討
 ―子どもたちのプレイの様相に着目して―                          
福ヶ迫善彦
 ボールゲームにおける認知学習場面の重要性
細越淳二・松井直樹
 体育授業と学級経営の関係についてのアクションリサーチの試み
 ―M学級の1学期の取り組みから―                          

2008年度 群馬大会報告
 第12回 体育授業研究会群馬大会・研究部企画
 「『確かな学力』の形成と体育授業研究」報告書

体育授業研究会会員の動向
 小畑  治 私にとっての体育授業研究会               
 小澤直子 体育と出会って
体育授業研究会会則                          

第13巻(2010)

論文・実践報告
萩原 雄磨・清水 由
 小学校高学年の鉄棒運動におけるダルマ回り(かかえ込み回り)の有効性の検討
 -6年生のダルマ回り(かかえ込み回り)から後方支持回転までの実践を通して- 
丸井 一誠・佐藤 靖
 ハンドボール授業におけるシュートの動きの発達に関する追跡的例証分析     
早川 由紀・大友 智
 体育指導場面における初心期の教師の意思決定と知識の関係の検討
 -保健体育専攻大学院生を対象として-                   
相澤 裕昭・山籐 一也・大友 智
 学校体育授業における指導プログラムの修正観点の検討
 -3クラスを対象にして-                          
大貫 耕一
 体育科における教科内容の検討                       
石井 崇史・大貫 耕一・西田 佳
 小学校中学年体育における教科内容の検討                   
石井 崇史
 「5年生のわかる」
 -運動技術を考える跳び箱実践-                       
西田 佳
 「わかる」を育む器械運動の説明書づくり
 -小学校3年生を対象として-                        
2009年度東京大会報告
 第13回体育授業研究会東京大会・研究企画報告
 「これからのボール運動・球技の授業づくり」報告書           
体育授業研究会会則                             

第14巻(2011)

論文・実践報告
福ケ迫善彦・高田大輔・佐宗敬泰
 体づくり運動における持久走の効果的な授業づくりに関する検討               
松井直樹・細越淳二
 「運動生活」の実現を目指した体づくり運動の実践
 ―意のままに動ける体づくり・動きづくりからはじめよう!                 
長坂祐哉
 体育科における言語活動の充実
 ―「ドル塀25mにチャレンジ!!!」を通して―                     
出井雄二
 これじゃダメだよ!体育授業
 ―大学生からみた「体育授業」の実態―                          
濱本圭一・高野良二
 学習成果を保障できる「だるま回り」の授業実践
 ~北宇和郡小学校体育連盟の取り組み~                          
松田光弘
 ペア活動を核にした中学校女子柔道の授業について
 ―柔道初心者の女子生徒を対象として―                          

2010年度 奈良大会報告
 第14回 体育授業研究会奈良大会
 大会テーマ 『楽しい』から『もっと楽しい』体育へ
       ―新学習指導要領とこれからの授業づくり―                  
 研究企画報告 こうすればできる!『もっと楽しい授業づくり』               
体育授業研究会会則                            

第15巻(2012)

論文・実践報告
萩原雄麿・清水 由
 技能習得を保障し高い読解力を高める体育授業の検討
 ―言語活動の充実を意図した第5学年の「ダブルダッチ」の指導を通して―          
竹内隆司・斎藤和久・岩田靖
 小学校段階におけるネット型ゲームの教材づくりに関する検討
 ―ゲームの発展性の論理を中心に―                            
原 和幸・福ケ迫善彦
 中学校体育授業においてスポーツ教育モデルを適用した実践的検討
 ―地域特性に即した授業づくりの視点から―                        
出井雄二
 これじゃダメだよ!体育授業パートⅡ ―体育授業に消極的な児童生徒の実態―        
高下隆史・福ケ迫善彦
 ゴール型ボール運動において意図した学習成果をめざした教材づくりに関する実践的検討    
小古呂優範
 子どもの「考える」を「できる」につなげるフラッグフットボールの授業実践         

2011年度 茨城大会報告
 第15回 体育授業研究会 茨城大会
 大会テーマ 「体育授業づくりの「知」の共創と継承」
       ―多様な知識を備えた参加者による模擬授業の計画・実践・省察を通して―    
 基調講演 白旗 和也「新学習指導要領の趣旨を反映した学習評価の基本的な考え方」     
 研究企画報告 「模擬授業を活用した体育の授業づくり」                  
体育授業研究会会則          

第16巻(2013) 

論文・実践報告
近江 望
 学び合いの視点からみたなわとび教材の可能性
 ―「コンビネーションなわとび」学習と「なわとびカード」学習の比較から―          
石井崇史
 低学年「姿勢制御」と「からだそだて」
 ―1年生のからだの育成の意義―                            
松井直樹・細越淳二
 体育授業と学級経営のつながりを意識した授業実践とその成果(1)
 ―教師にとって気になるSさんと過ごした1年間の記録の分析から―                        
長坂祐哉
 子どもとともにつくる50m走研究        
西田 佳
 「オフサイド」の価値を考える小学校4年タッチラグビーの実践
 -ルールに込められた意味を問い、解決する学習-     

2012年度 愛媛大会報告
 第16回 体育授業研究会 愛媛大会
 大会テーマ 「明確な単元の見通しをもった体育の授業づくり」
       ―ボール運動「ネット型」を対象にして―    
 実技及び実践報告 「アタックプレルボール」
              「ネット型ゲーム」
                  (シュートプレルボール/キャッチバレーボール/フロアーボール)     
 分科会及び総括 「単元を見通した体育の授業計画づくり」                  
体育授業研究会会則          

第17巻(2014) 

論文・実践報告
萩原 雄磨・清水 由
 すぐれた体育授業実践の一般化の試み
 -第6学年全クラスにおける「かかえ込み回り」と「ダブルダッチ」の授業を通して-
辻 哲夫・竹安 雄一・北川 隆
 専門家が助言したアナロゴンに基づくスモールステップの効果について      
原 和幸・福ヶ迫善彦
 戦術的課題を効果的に習得するための教具開発に関する検討
  -バスケットボールのゴールを例に-                   
柿沼 耕一
 体育科の授業における「教科書」の必要性
  -共通課題学習の効果的な位置づけとともに-                
長坂 祐哉
 サッカーの面白さの本質に迫る「4の2フットボール」 

2013年度 千葉大会報告
 第17回 体育授業研究会 千葉大会
 大会テーマ  「確かな学力を保障する体育の授業づくりを目指して」
          ~目標を明確にした体育授業の創造~            
 基調講演 今関 豊一「確かな学力を保障する体育の授業づくりをめざして」   
 授業実践 「ボール運動(ボール投げ・ラグハンドボール)」「器械運動(跳び箱・鉄棒)」
      「表現運動」「武道(柔道)」                   
 実技研修・ワークショップ                         

体育授業研究会会則         

第18巻(2015) 

論文・実践報告

2014年度 岩手大会報告
 第18回 体育授業研究会 岩手大会
 大会テーマ 

体育授業研究会会則         

第19巻(2016) 

論文・実践報告

2015年度 熊本大会報告
 第19回 体育授業研究会 熊本岩手大会
 大会テーマ                 

体育授業研究会会則   
      

第20巻(2017) 

論文・実践報告

2016年度 香川大会報告
 第20回 体育授業研究会 香川大会
 大会テーマ                 

体育授業研究会会則

第21巻(2018) 最新巻

論文・実践報告

2017年度 東京大会報告
 第21回 体育授業研究会 東京大会
 大会テーマ                 

体育授業研究会会則 

第22巻(2019) 印刷中

論文・実践報告

2018年度 長野大会報告
 第22回 体育授業研究会 長野大会
 大会テーマ                 

体育授業研究会会則