体育授業研究会では、夏に「研究大会」、冬に「冬の研修会」を開催しています。研究大会は、平成9年度に第1回大会が筑波でが開かれ、令和元年8月の愛知大会で第23回を数えます。

研究大会名 大会期間                    大会テーマ
第1回  筑波大会 1997.8.10-8.11【H9】 私の考えるよい授業
第2回  宮崎大会 1998.8.8-8.1 【H10】 教育課程の改訂 -学習指導要領のゆくえー
第3回  東京大会 1999.8.7-8.9   【H11】 体育科カリキュラムづくりについて考える
第4回  高知大会 2000.8.6-8.8   【H12】 林実践に迫る
第5回  千葉大会 2001.8.7-8.9   【H13】 みんなで創る新しい体育の授業
第6回  香川大会 2002.8.9-8.11 【H14】 「かかわり」を生み出し深める体育授業を目指して
第5回  東京大会 2003.8.8-8.10 【H15】 90時間時代の体育の授業づくり
第8回  熊本大会 2004.8.5-8.7   【H16】 90時間時代の体育の授業づくり 
-教師の手だてによる基礎的・基本的内容の習得-
第9回  埼玉大会 2005.8.1-8.3   【H17】 これからの体育の真の役割 
-もう一度技能学習を考える-
第10回 岩手大会 2006.8.7-8.9   【H18】 ボール運動・球技の授業の目指すもの 
-すべての子どもに保障するベースを考える-
第11回 香川大会 2007.8.8-8.10 【H19】 「できる・わかる・かかわる体育授業を問い直す」 
第12回 群馬大会 2008               【H20】 「確かな学力」の形成と体育授業研究
第13回 東京大会 2009               【H21】 「これからのボール運動・球技の授業づくり」
第14回 奈良大会 2010               【H22】 「楽しい体育」から「もっと楽しい体育」へ 
-新学習指導要領とこれからの授業づくり-
第15回 茨城大会 2011.8.6-8.8    【H23】 体育授業づくりの「知」の共創と継承 
-多様な知識を備えた参加者による模擬授業の計画・実践・省察を通して-
第16回 愛媛大会 2012.8.10-8.12【H24】 明確な単元の見通しをもった体育の授業づくり
―ボール運動「ネット型」を対象にして―
第17回 千葉大会 2013.8.9-8.11  【H25】 確かな学力を保証する体育の授業づくりをめざして
-目標を明確にした体育授業の創造- 
第18回 岩手大会 2014.8.8-8.10  【H26】 確かな学力を保障する体育の授業づくりをめざして
-小学校低学年から小中高の体育を見通す-
第19回 熊本大会 2015.8.7-8.9    【H27】 確かな学力を保証する体育の授業づくりをめざして
-学習内容を身に付ける教材づくりを再考する-
第20回 香川大会 2016.8.9-8.11  【H28】 よい体育授業を再考する~子どもと共に創る授業
小学校低学年から小中高の体育を見通す-
第21回 東京大会 2017.8.9-8.11  【H29】 よい体育授業を再考する ~小中接続の連携を考える~
第22回 長野大会 2018.8.6-8.8  【H30】 よい体育授業を再考する
第23回 愛知大会 2019.8.9-8.11  【R元】 体育の認識学習を考える ~思考・判断に焦点を当てたボール運動の学習過程を考える~


 冬大会   開催日    開催日 / 開催場所    大会テーマ
 第1回 2009.12         (H21)  東京学芸大学附属世田谷小学校  
 第2回 2010.12         (H22)
 東京学芸大学附属世田谷小学校  
 第3回 2011.12         (H23)
 東京学芸大学附属世田谷小学校  
 第4回 2012.12         (H24)
 東京学芸大学附属世田谷小学校  
 第5回 2013.12.22    (H25)
 千葉県 八千代市立勝田台小学校 教材のよさを生かす体育の授業づくり
 第6回 2014.12.23    (H26)
 千葉県 八千代市立勝田台小学校 教材のよさを生かす体育の授業づくり
~低学年からの学習指導を生かして~
 第7回 2015.12.26    (H27)
 東京学芸大学附属竹早小・中学校 確かな学力を保証する体育の教材づくりと教師の関わり
 第8回 2016.12.24    (H28)
 東京学芸大学附属竹早小・中学校  「よい体育授業を再考する~小中の連携を考える~」~子どもと共に創る授業~
 第9回 2017.12.23    (H29)
 東京学芸大学附属竹早小・中学校 確かな学力を保証する体育の教材づくりと教師の関わり
第10回  2018.12.22    (H30)  東京学芸大学附属竹早小・中学校 これからの体育授業とボール運動の教材づくり
第11回  2019.12.21    (R元)予定  東京学芸大学付属竹早小・中学校 未定



第23回 体育授業研究会 愛知大会 開催要項(最終案内)

『体育の認識学習を考える』 
~思考・判断に焦点をあてたボール運動の学習過程を組み立てる~

1.目的
○あらゆる主義・主張を越え,研究者・実践者がその立場にとらわれずに参加することができる本研究会の第23回愛知大会を開催する。
○本研究会のこれまでの研究成果を踏まえ,「体育授業における認識学習」というテーマの下,「思考・判断に焦点をあてたボール運動の学習過程をどう組み立てるか」について全国から実践を持ち寄り,様々な立場や考え方から検討する。

2.大会概要
1)名 称 第23回 体育授業研究会 愛知大会
2)主 催 体育授業研究会・体育授業研究会愛知大会実行委員会
3)後 援 愛知県教育委員会・阿久比町教育委員会
4)協 賛 東海市教育委員会
5)日 程 令和元年8月7日(水)~9日(金)
(6)会 場 各日で会場が異なりますが、すべて隣接・近隣会場です。
  【1日目】東海市芸術劇場
  【2日目】東海市民体育館 及び 東海市勤労センター(隣接)
  【3日目】日本福祉大学東海キャンパス
 (7) 参加費 会員4,000円・一般5,000円・学生3,000
 (8) 申込方法 詳細はしばらくお待ちください。(6月15日現在) 

3.大会テーマとサブテーマ
『体育の認識学習を考える』 
~思考・判断に焦点をあてたボール運動の学習過程を組み立てる~

4.プログラム
【1日目】8月7日(水)会場:東海市芸術劇場
・開会行事
・基調講演 「思考・判断に焦点をあてた体育の授業づくりに向けて~学習過程をどのように組み立てるか~」
  講演:今関豊一 先生 (日本体育大学 教授)  
・シンポジウム 「思考・判断に焦点をあてたボール運動の学習過程を組み立てる」
  コーディネーター:福ヶ迫善彦 先生(流通経済大学)
  シンポジスト:今関 豊一 先生(日本体育大学)
         佐藤 政臣 先生(熊本県菊池郡大津町立室小学校)
         高下 隆史 先生(愛知県半田市立亀崎小学校)
・公開授業(2日目)の概要説明
 
【2日目】8月8日(木) 会場:東海市民体育館・東海市勤労センター
・公開授業 【 第4学年 セストボール 】 
 授業者:榊原 章仁 先生(愛知県知多郡阿久比町立東部小学校) 
・授業づくりワークショップおよび授業づくり研修
・情報交換会 会場:アイリス愛知(名古屋市中区丸の内2-5-10

【3日目】8月9日(金) 会場:日本福祉大学東海キャンパス
・午前 一般研究発表 
・閉会行事

5 その他
・2日目は、会場近くに飲食店があまりありません。昼食は、お弁当の注文をおすすめします。

・申し込み方法については、今後お知らせします。(6月15日現在)
【大会事務局】
第23回体育授業研究会愛知大会事務局
 常滑市教育委員会 学校教育課 原 和幸
 E-mail:kazuyuki47524@yahoo.co.jp               
【本部事務局】
  東京学芸大学附属大泉小学校 松井直樹
  E-mail:nmatsui@u-gakugei.ac.jp

HOME > 研究大会の記録