第11回 体育授業研究会 冬の研修会 速報

テーマ:『体育の認識学習を考える』

日程:令和元年12月21日(土)
会場:東京学芸大学附属竹早小学校
内容:実践提案及び実技研修会
参加をお待ちしています。

お知らせ NEWS!

体育授業研究会の最新の情報をお届けします

第11回体育授業研究会冬の研修会のお知らせ NEW!

令和元年12月21日(土)に、冬の研修会が開催されます。会場は、東京学芸大学付属武早小学校です。詳細は追ってお知らせします。ご参加お待ちしています。

第23回体育授業研究会愛知大会が開催されました NEW!

令和元年8月7日(水)~9日(金)の3日間、第23回体育授業研究会愛知大会が開催されました。400名の参加があり、大盛況でした。参加いただいた皆様、ありがとうございました。現地実行委員会の方々に心より感謝申し上げます。

R元6.30 愛知大会案内発送及びメルマガをメール配信しました 

会員の皆様にメルマガを配信しました。また、第23回体育授業研究会愛知大会の要項、申し込み用紙等を郵送いたしました。お手元に届いていない場合は、事務局にご連絡ください。

R元6.22 愛知大会申し込み開始 

FAXでのお申込み 052-204-1225
メールでのお申込み⇒tomotaka_goto@nta.co.jp
お申し込み期日  7月12日(金)
【担当】株式会社日本旅行  名古屋教育旅行支店
460-0008 名古屋市中区栄2丁目1130号 セントラルビル1
TEL052-211-5335
FAX052-204-1225
担当:後藤具崇
最終案内、申し込み書等は以下からダウンロードしてください。
※「研究大会のページ」からダウンロードできるファイルと同一のものです。
大会参加申し込み先と、一般発表(3日目)の申し込み先が異なります。一般発表を申し込む方は、発表申し込み用紙をよく確認ください。
研究大会
愛知大会要項
愛知大会参加申込書
愛知大会一般発表申込書
宿泊申込書
斡旋ホテル一覧

R元6.14 HP復旧のお知らせ 

3週間ほど、ホームページが更新できない状況になっておりました。ご不便、ご迷惑おかけしました。お詫びいたします。

R元6.14 第23回 体育授業研究会 愛知大会のお知らせ

【令和元年度 体育授業研究会 愛知大会】
◆日時:令和元年8月7日(水)~9日(金)
◆主催:体育授業研究会・体育授業研究会愛知大会実行委員会
◆後援:愛知県教育委員会・阿久比町教育委員会
◆協賛:東海市教育委員会
◆場所:東海市芸術劇場  東海市民体育館 東海市勤労センター 日本福祉大学東海キャンパス
◆大会テーマ、サブテーマ
『体育の認識学習を考える』 
~思考・判断に焦点をあてたボール運動の学習過程を組み立てる~
◆プログラム
【1日目】8月7日(水)会場:東海市芸術劇場
・開会行事
・基調講演 「思考・判断に焦点をあてた体育の授業づくりに向けて~学習過程をどのように組み立てるか~」
  講演:今関豊一 先生 (日本体育大学 教授)  
・シンポジウム 「思考・判断に焦点をあてたボール運動の学習過程を組み立てる」
  コーディネーター:福ヶ迫善彦 先生(流通経済大学)
  シンポジスト:今関 豊一 先生(日本体育大学)
         佐藤 政臣 先生(熊本県菊池郡大津町立室小学校)
         高下 隆史 先生(愛知県半田市立亀崎小学校)
・公開授業(2日目)の概要説明
【2日目】8月8日(木) 会場:東海市民体育館・東海市勤労センター
・公開授業 【 第4学年 セストボール 】 
 授業者:榊原 章仁 先生(愛知県知多郡阿久比町立東部小学校) 
・授業づくりワークショップおよび授業づくり研修
・情報交換会 会場:アイリス愛知(名古屋市中区丸の内2-5-10
【3日目】8月9日(金) 会場:日本福祉大学東海キャンパス
・午前 一般研究発表 
・閉会行事
◆備考
・2日目は、会場近くに飲食店があまりありません。昼食は、お弁当の注文をおすすめします。
研究大会のページ

H31.4.22 ニュースレター№30を発行しました

会員の皆様にニュースレターを送付しました。お手元に届いていない場合は、事務局にご連絡ください。ご勤務先、ご住所、メールアドレス等に変更があった場合は、至急お知らせください。

H31.4.1 体育授業研究会新役員、理事会が発足しました

平成30年度8月に行われました総会で承認された通り、今年度から3年間、新体制でスタートします。よろしくお願いいたします。
新役員・新理事会一覧

H31.1.8 第10回 体育授業研究会冬の研修会を実施しました

平成30年度冬の研修会は、「これからの体育授業とボール運動の教材づくり」をテーマに、谷本久典先生から「バウンスボール(ゴール型)」を、原 和幸先生から「ドライブヒットアタックゲーム~バレーボール(ネット型)」を提案いただきました。85名の参加がありました。参加者の内訳は以下の通りです。小学校教員32名:38%、中学校教員7名:8%、大学教員14名:16%、行政関係(教育委員会、指導主事)4名:5%、企業2名:2%、学生26名:31% 多種多様な参加者が一堂に集い、充実した研修となりました。

H30.4.1 第22回 体育授業研究会 長野大会 のお知らせ 終わりました

H30.1.20 体育授業研究20巻&ニュースレターを送付しました

会員の皆様に、機関誌「体育授業研究20巻」及び「ニュースレター№27」を送付しました。お手元に届いていない場合は、事務局にご連絡ください。

H30.1.8 体育授業研究会冬の研修会を開催しました。

平成29年12月23日(土)、東京学芸大学附属竹早小・中学校において、冬の研修会が開催されました。
参加していただいたみなさん、ありがとうございました。

過去の記事は、ニュースページへ。

ニュース・バックナンバー

会員のみなさんへ

住所等変更があった場合は、事務局にご連絡ください。 メールアドレスの登録をしていない方は、アドレスを事務局までお知らせください。
平成30年度の年会費を納入ください。納入方法はこちら→

以下の口座に振り込みいただくか、8月の研究大会にて直接納入ください。
年会費 一般会員5,000円  学生会員(現職教員の院生等は除く)3,000円
振込先 三井住友銀行 亀戸支店 普通)1877694 体育授業研究会 代表 黒木美穂 

会長ご挨拶 岩田 靖 

信州大学教育学部 教授 

 「分け登る麓の道は多けれど、同じ高嶺の月を見るかな」 (一休禅師の作という説が有力ですが、他説もあり、実際は不詳のようです) 『体育授業研究会』に集う私たち会員の「月」は、もちろん「よい体育の授業」です。よい体育授業を探究する過程や、方法、視点などは当然ながら多様に存在するでしょう。また、その授業像そのものも同様です。本会はその多様性に基づきながら、会員が自由性豊かに、授業の構想を、授業の成果を、あるいはその基底に位置づく授業の考え方を提案し、議論し、交流していくことを目的にしています。

 2015年、本会編の単行本『よい体育授業を求めて』(大修館書店)を発刊しました。是非、手にとって一読いただきたいと思います。この本をご覧になれば、体育の授業づくりに熱い情熱を抱いた授業実践者、研究者が全国各地から集い、情報を発信していることを確認できると考えています。この会の夏季の大会や冬の研修会に参加いただき、さらには夜の懇親会にまで足を運んでいただければ、きっと仲間たちとの交流のよさを感じとってもらえるものと確信しています。

 さて、1997年に発足した本会は、2019年で23年目を迎えます。私たちの活動のさらなる拡大と深化の方向を会員みんなで探っていきたいと思っています。